Thinkpadのキーボードが馴染むぞぉぉぉ!

Thinkpad X100e
ついにThinkpadユーザーになったwolfですこんにちは。

このブログで何度か紹介してきたlenovo Thinkpadシリーズ、今回妻専用機としてThinkpad X100eをゲットしました。Thinkpadシリーズは高性能ながらも低価格そして何より特筆したいのがその使いやすさ!
今回は使い込んでわかったThinkpadシリーズのこだわりをレビューしていきます。
 

 

手にしっくりとなじむ計算されたキーボード

Thinkpad X100e

    ノートパソコンでインターネット閲覧時にめんどくさいと感じるのが画面のスクロール。トラックパッドの端っこをなぞったり、カーソルキーの上下で一行ずつスクロールしますがそのマウスの快適さには及びません。
     
    しかしThinkPad X100e(新機種のEdge 11″も同様)ではカーソルキーの脇に【PageUp】【PageDown】ボタンが配置され、ワンボタンで画面がページ単位でスクロールするのでネット閲覧がすこぶる快適になります。しかも間違って押さないようキー形状が変えてあったりと地味なところで手が込んでいます。
     
    そしてキーを叩けば叩くほど理解できる恐ろしきキーボードの使いやすさ、タイプミスしないようにほどよい距離が置かれた各キー、今まで何台かノートパソコンを使い続けてきましたがこの配慮には眼からウロコ、実際に使ってみないとこの良さが伝わりにくいのが非常に残念です、うううう。

 

警告音がうるさい

    電源入れたまま蓋を閉め省電力モードになったときやバッテリーが少なくなったときに警告音が鳴るんですが、その音が半端無くうるさいんですよ。ピーッ!!
    特に夜間に聞くとビクッ!となるぐらいにビックリします。パソコン起動時の設定画面で消音できるのですがもう少し音量を抑えてもいいんじゃないかと思ったり。

 

こんな人にオススメしたい

    いくら性能が良くても使いにくければどうしようもない、ThinkPad X100e(Thinkpadシリーズ)は使えば使うほどしっくりと馴染む快適な使いやすさを求める方に是非オススメしたいノートPCです。

 

 

No Responses

コメントを残す