日本刀のようなモバイルノートPC 【ThinkPad EDGE E220s】

ThinkPad Edge E220S

さてさて今回Lenovoさんよりお借りしたのは先日発売したばかりの【ThinkPad Edge E220s】
 
12インチという点でXシリーズと被るわけなんですがThinkPad Edge 220sはスタイルと機能性を高いレベルで両立させた12インチモバイルノートPC。その品性たっぷりのスタイルは財布のひもをすぐ緩めようとします。
 
今回はそんな危険な魅力たっぷりの【ThinkPad Edge E220s】レビューになります。


 

性能&スペックチェック!

  • 今回のThinkPad EDGE E220s仕様
    • CPU: Intel(R) Core(TM) i7-2617M CPU @ 1.50GHz
    • メモリ: DDR3 4GB
    • モニタ: 12.5型HD液晶 (1366 x 768 インフィニティ・ガラス LEDバックライト)
    • グラフィック: CPU内蔵(インテル® HD グラフィックス 3000)
    • HDD: 320GB(ちなみにSeagateのST320LT000でした)
    • 無線LAN: Intel(R) Centrino(R) Advanced-N 6250 AGN(WiMaxも搭載)
    • 駆動時間: 約6.2時間
    • 重量: 約1.58kg

    初めてレビューする第2世代 インテル® Core™ プロセッサー、ハイパフォーマンスと省電力がウリですが果たして…

  •  

  • ThinkPad EDGE E220s動画再生テスト
    動画再生テスト
    再生ファイル 解像度 形式 動作
    FullHD動画 1920×1080 H.264
    HD動画 1280×720 H.264

    コマ落ちってなに?って思うほどにヌルヌルと滑らかに再生。
    いままでCore iシリーズ搭載ノートを数台レビューしてきましたが、動画再生テストが無駄な気がしてきましたw

  •  

  • ゲームベンチマークテスト
    ThinkPad EDGE E220sベンチマークテスト
    ベンチソフト 解像度 スコア フレームレート 総合評価
    モンスターハンター フロンティア オンライン 1280×720 1411
    FINAL FANTASY XIV 1280×720 443
    ストリートファイター4ベンチ 1280×720 7151 26.27 E

    さすがにCore iシリーズとはいえCPU内蔵グラフィックでゲームをするのははやっぱり厳しいですね…
    旧Core iシリーズだとFINAL FANTASY XIVが全く動作しなかったのに新型CPUだと非常に遅いながらも動作しました、とはいえとても遊べるレベルじゃありませんが。

  •  

  • 消費電力チェック(ワットチェッカー使う)
    ThinkPad EDGE E220s消費電力テスト
    CPU稼働率 消費電力 一ヶ月フル稼働時の電気代
    0%時 42~44W 約565円
    100%時 55~57W 約806円

    最大負荷時と最低負荷時の消費電力差は約10W。この安定した省電力っぷりSunday Bridge恐るべし…
    *電気料金は1kWh=20円で計算しています。

 

ThinkPad EDGE E220sギャラリー


 

Good!

  • 物欲に危険なそのデザイン!
    マット感を全面に押し出したそのデザインは質感と共にとっても上品に仕上がっています。そしてミラーコーティングされたサイド部は日本刀の刀身を彷彿させます。
     
    いままで何台かThinkPad EDGEシリーズをレビューしてきましたが、EDGE 220sのデザインは物欲を刺激しまくって非常にけしからんのです!ThinkPadの誠実なデザインも大好きなのですがEDGEシリーズのオトナっぽい落ち着いた感じもまたいいんですよねぇ…はぁ
  •  

  • 低価格のモバイルノートPC!
    EDGE 220sは最小構成で10万円を切る価格設定!(Eクーポン適用時のお値段です
    最小構成とはいえCore i5-2537Mが搭載されているのでマシンパワー不足で悩まされることはほぼ無いかと思われます(モバイルノートでこのクラスのCPUは大抵Core i3が搭載されています)強いて言うならばメモリが2GBなのが心もとない…
  •  

  • モバイルもなんなくこなす!
  • 第2世代 インテル® Core™ プロセッサーの省電力さと大容量8セルバッテリーのおかげでカタログ値6.2時間、体感5時間以上はバッテリーが持ちます。またつや消しで仕上げられたそのボディは滑らず、ホールドしやすくPC落下防止になり助かります。オプションでWiMaxを搭載できるので出先でのネットもカバーできるので安心。

 

Bad!

  • クリック・パッド周りが…
    ボタンと一体化したクリック・パッドは見た目非常にいいのですが、クリック感の重さや、ちょっとしたレスポンスの悪さが気になります。
     
    たとえばマルチタッチでページスクロールをするような時その感度が敏感すぎたり(えらい勢いでスクロールしたり)して細かな操作がしにくく。またクリック時ボタンの重さからポインタからクリックしたいところからズレてクリックできなかったりと使いにくさを感じました。
     
    しかしLenovo伝統のトラックポイントを使う分には全くストレスを感じませんし、クリック・パッド感度は設定でいくらか改善できそうです。
  •  

  • 汚れが目立ちやすく…
    手のひらをのせる部分やクリック・パッドにつく手の脂の汚れが気になります。全体がマット仕上げの落ち着いた質感はとっても好きなのですが、その分脂汚れが目立つようになったのは残念です。
  •  

  • メンテンナンス性が…
    従来のThinkPad Edgeシリーズは背面パネルの一部取り外しが容易でメモリ増設やHDD交換が簡単にできたのですが、EDGE 220sはパネル全体を取り外さなくてはならず手間がかかります。
     
    一応HDD交換はネジ一本でできそうな感じなのですが、カバー取り付けが固く外すのを断念しました。またバッテリーも本体内蔵されているため、バッテリー劣化時の交換などが容易にできなくなってます。「出先で予備バッテリーに交換」なんて時もあるんですけどね…

    デザインとモバイルのコンセプトを突き詰めた結果なんでしょうけど…個人的にはちょっと残念だったりします。

 

Comment

  • 他とは違う自分をプロデュースしてくれる、そんなノートPC
    EDGE 220sはデザインとモバイルそしてハイパフォーマンスの欲張りノートPC。
    その凛としたマットボディの質感は強力に周りの目を引き、しかっりと詰め込まれているThinkPad伝統の使いやすさはユーザーの心を引力のように引きつけ、いつの間にか自分が「できる男」になった気分にしてくれます。

    しかし「デザイン+ノートパソコン=HP 」と今まで思っていましたが、黙ってみているLenovoじゃぁありません。 ThinkPad EDGE シリーズはデザイン+ハイパフォーマンス+使いやすい超欲張りのノートPCなんですなぁ

 

ThinkPad EDGE E220sが買えるお店はコチラ!

  • lenovoオンラインストア:【ThinkPad Edge E220s】
  • お得なlenovoEクーポン:【lenovoオンラインストアEクーポン一覧】

コメントを残す