充実性能&デザイン HP Pavilion Notebook PC 【dv6i/CT】

HP Pavilion Notebook PC dv6i/CT
現在のノートパソコン市場において多くのシェアを誇る15インチクラスのノートPC、その性能&使いかってはいかがなものか?が気になって夜も眠れないwolfです、こんにちは。そんなわけで今回のレビューはミニノートPCからちょっと離れまして15インチサイズのスタンダードなノートPCをレビューしていきます。
 
今回お借りしたのはhpさんの「Pavilion Notebook PC dv6i/CT」夏モデル。 「うーん納得、こりゃぁ売れるわけだよね15インチサイズのノートパソコン!」
 

 

Good!

  • 充実過ぎる性能
    「うへぇー これホントにノートパソコン?」使って最初に口から漏れたのがこの台詞。
    スペックを見て納得この性能はハンパ無いっす。
     

    HP Pavilion Notebook PC dv6i/CTのスペック

    • CPU:インテル® Core™ i3-350Mプロセッサー
    • メモリ:メモリ4GB(2048MB×2)
    • モニタ:15.6インチワイドHD(1,366×768)ウルトラクリアビュ・ーディスプレイ
    • グラフィック:インテル® HD グラフィックス
    • HDD:320GB HDD (7,200回転)
    • ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
    • 無線LAN:IEEE802.11b/g/n 内蔵無線LAN
    • カメラ:HP TrueVision Webcam
    • 駆動時間: 約 5 時間
    • 重量: 約 2.45 kg

     
    もはやノートPCの性能ではなくデスクトップとタメ張れるほどの基本性の高さと充実っぷり、自分が普段使っている数年前のノートPCに疑問を感じましたよ、ええ! 
     
    実際にいろいろテストしてみましたが恒例のFullHD動画(1920×1080 mpeg2 30fps)再生もコマ落ちせずにヌルヌルと再生し動画再生はオールOK! インターネット、オフィス系アプリにいたっては問題外の快適動作、普通に使う分にこの性能はオーバースペックといっても差し支えないほどです。
     
    またゲームはどれだけこなせるのかと思いストリートファイター4ベンチマークも試してみましたが、「総合評価E 平均フレームレート15.8」さすがにゲームには向かないようです。

  •  

  • 上品なデザイン!
    毎度毎度嫌と言うほど思い知らされるのがhpのデザインセンスの秀逸さ。
    電源を入れると淡くホワイトに浮かび上がるhpロゴ、派手すぎず上品なシャンパンゴールドのカラーリング、控えめな彩度で全体から落ち着いた調和感を感じます。 パソコンとしてはもちろんインテリアとして飾っておきたくなります。

 

HP Pavilion Notebook PC 【dv6i/CT】ギャラリー


 

Bad!

  • キー配置が特殊
    特殊ファンクションキーが左右にあるので一般的なキーボード入力に慣れた人だと感覚的に使いにくく、また通常上部にあるファンクションキー(F1~F12)はFnキーを同時押ししないと使えないためので慣れが必要です。
  •  

  • タッチパッドのボタンがいまいち
    タッチパッドは広く確保されWindows7のマルチタッチ対応だったりと良くできているのですが、ボタン部は一体のフラットな作りなためかマウス感覚で使うとクリック感に乏しく使いにくい印象を受けます。
    あくまでボタンではなくパッド、軽くタップするだけでクリック動作するので慣れの問題だと思いますが、ユーザーによっては別にマウスを用意した方が良いかもしれません。

HP Pavilion Notebook PC dv6i/CT 

Comment

  • パソコンってこれ以上なにが必要だっけ?
    そう思うほど基本以上の機能を詰め込んだオールインワンノートPC、買って普通に使えるどころかガシガシと使い込んでも涼しい顔でこなす品格ノートパソコン。 ここ数週間使っていますがインターネットからDVD鑑賞、ビデオチャットまでこの一台で全てこなせるのってホントに凄いいことだと思います。
  •  

  • そのデザインは映画でも活躍
    余談ですがhpのパソコンはこの上品なデザイン性もあってか最近では映画「SEX AND THE CITY 2」や「SATC2」で主要キャラクターが使用していたりとパソコンの枠を超えて活躍しています。

 

HP Directplus オンラインストア

 

No Responses

コメントを残す