BIOSHOCK2 レビュー 「ようこそラプチャー江」


去年から心待ちにしていたBIOSHOCK(バイオショック)の続編がついに発売、
狂った世界観と予想不可能のストーリーの前作は海外版と日本語版両方プレイするほど大ハマリでした。
そんなわけで今回は「BIOSHOCK2」(PlayStation3、XBOX360)シングルプレイのレビューをお届けします。 
 

 

 

Good!

  • 変らないイカレタ世界観とストーリー
    人の欲望や信仰心が幾重にも重なり合って崩壊してもなお存在し続ける海中都市ラプチャー。
    退廃の奇妙な美しさや純粋なまでの狂った欲望・・・・
    これ以上はネタバレになりますので書きませんが、そう!あのカルトな世界観は今回も健在ですよ。
  •  

  • 圧倒的に美しい水中都市
    「バイオショック=水」と言っても過言ではないほど水の表現はホントに美麗です。 天井から落ちる水滴、珊瑚やフジツボに浸食された施設、水施設内エアロックの水抜き作業、リアルな水の表現はプレイヤーをラプチャーに引き込みます。
  •  

  • 戦略性up
    前作よりプラスミドや武器のバリエーションが増え多様に罠を仕掛けられるようになりました。プラスミド(魔法のような特殊能力)はボタン長押しで特性が変化したりとより高い戦略性を持ってプレイすることができます。 とはいえインフェルノやウィンターブラストでのごり押しプレイも可能なのでお好みのスタイルでプレイできます。
  •  

  • ハッキングが単純になった!
    自動販売機や金庫などはハッキングをして価格を下げたり扉を開けるのですが、前作ではこのミニゲームがちょと煩わしくゲームのテンポを崩していました。(ゲーム自体は面白いんですけどねパイプドリームですしw)
    今回はよりシンプルなハッキングゲームになりゲームのテンポや緊張感を損なう事が無くなりました。
  •  

  • ドリルが使えるようになった!
    前作はダディのドリルで天を突くことが叶わず涙でレンチを濡らしたもんですが、今回は違います!
    私的ビッグダディ最強武器「ドリル」が今回は使い放題です!! しかも今回はドリルに属性付加のトニックがあったりとまさに「充実ドリル生活」、中でもウィンターブラスト→ドリルダッシュのコンボはギガドリルブレイクに命名決定です。 自分グレンラガン大好きですからw
  •  

  • 相変わらずのスルメゲー
    プレイすればするほど面白くなり止められないそれがスルメゲー、おかげで毎日寝不足です たーすーけーてー

 

華やかだった頃のラプチャー 後に荒廃しまくります。

 

Bad!

  • 字幕が非常に残念
    プレイ中最も残念に感じたのが字幕。ローカライズに時間がなかったのか字幕が見にくかったり、字幕が消えるバグがあったりと全体が荒削りな印象を受けます。またスプライサー会話や細かなイベントの台詞は字幕化されていないのこれまた残念。

    時間がかかっても構わないので世界観を損なわない字幕や吹き替えをお願いしたいものです。
    しかし前作の吹き替えは神がかっていたなぁ・・・俺は神を~愛してる~

  •  

  • 敵の社会性がいまいちわかりにくい
    スプライサーの社会性を重要視しているはずなのですが、描写がいまいちでただのクリーチャーのようになっているのはとても残念です。敵同士の会話とかやりとりがもっと欲しかったかなと

 

Comment

  • 字幕、吹き替えについて考える
    今作で最も感じたのが吹き替えや字幕でゲームの世界観ががらっと変わってしまう事。
    前作やGoWの吹き替えのようにグイグイと引き込まれるローカライズや字幕と吹き替えを任意選択できる仕様にしてくれることを切に望みます。
  •  

  • もっとBIOSHOCK2を楽しむ為に
    今回は前作主人公の事やそのラプチャーの裏側について語られたりするので是非前作(バイオショック)をプレイしていただきたい!
  • そういえば前作が出たときは「パッケージイラスト(ビッグダディ)が買う気を損なうなぁ」とか思ったもんですが、今回は全く逆で嗜好が変わった自分にびっくりです しみじみ。

 
 

Movie Review

 

 
この世界観、言葉では伝えにくいので動画でご覧になってください。
 


BioShock 2(バイオショック 2)【CEROレーティング「Z」】
D3PUBLISHER (2010-03-04)
売り上げランキング: 632

 

BioShock 2(バイオショック 2)【CEROレーティング「Z」】
D3PUBLISHER (2010-03-04)
売り上げランキング: 906

 
この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています
 

4 Comments

コメントを残す