疲れずに作業効率を上げる時間の取り方 その後

作業効率を上げる時間の使い方
休憩大事!と痛感するwolfです。ああ…職場でも食後に休憩いわゆるシエスタがあればいいのに…
 
まぁ妄想はおいておいて…
先日書いた【疲れずに作業効率を上げる時間の取り方】ですが、やり続けていくうちに気がついたことが2つほどあるので、今日はそのへんをつらつらと
 

 

疲れずに作業効率を上げる時間の取り方の方法

    こないだから試しているの方法はこんな感じ

    疲れずに作業効率を上げる時間の取り方の方法
    45分作業したらかならず休憩を15分取る。
    あとは時間の限り「作業」と「休憩」を繰り返すだけです。

    そんな訳でiPhoneのタイマーをセットしながら夜な夜な作業しています。コツコツとw

 
 

このスケジューリングで気づいたこと!

  • 充実度が半端無く高い!
    「ああ…今日は結構進んだなぁ…」そんな満足度をガッツリと感じるようになりました。
    45分というリミットがあるため、集中が切れた状態でダラダラと作業することが無くなる事。強制的に休憩を挟むため、頭がリフレッシュされることが大きな理由だと思います。
  •  

  • 作業スピードが上がった!
    このスケジューリングをはじめる前と比べ明らかに作業スピードが上がりました。
    やはり45分というリミットがあるため、できるだけ効率良くやろうとする頭が働いている結果だと思います。仕事にせよなんにせよ〆切時間ってのは非常に大事ですからね。

 
 
自分でも予想だにしなかった高効果で正直驚いています!
確かに細かなことではあるんですが、いろんなことを見直すのは大事だし続けてこそわかるものがあるんだなぁと思った次第です。

コメントを残す