職人魂が込められたライディングブーツに惚れたっ!

KADOYA KA-VOGEL   考えてみればほぼ10年振りにライディングブーツを新調したwolfです、こんにちは。   今回購入したのは【KADOYA KA-VOGEL】なんですが半端無いタフさと、シンプルなデザインを持つミリタリー調ライディングブーツ。そんな職人魂がガッツリ入魂のブーツなんですよ、これが!    

KADOYA KA-VOGELってどんなブーツ?

 
  • そもそもKADOYAで作っているわけではない
    ハイクォリティの「Boots&Bootsシリーズ」は安藤製靴株式会社で製作しております。 1959年創業以来、伝統製靴法の高度で複雑なノルウェイジャンプロセスを駆使する職人集団です。 この製靴法は主に登山靴に用いられ、日本では安藤製靴以外に作れる工場はないでしょう。
    えええっ!そんなばかなっ!と最初思ったんですが餅は餅屋って事ですねw   KADOYA KA-VOGEL
  •    
  • 決して履きやすいわけではない、そして結構高額 サイドジッパーではないのでぶっちゃけ履くのに時間がかかります。しかもKADOYAも知ってかこんな一文が
    デザイン上特徴的なすね部調整にはバックルを使用し、デザインアクセントとして。また、着用時の儀式として楽しんでいただきたい。
    なんとも確信犯w そしてお値段も結構お高めだったりするんですよねー   KADOYA KA-VOGEL
  •  
  • つか、文句ばっか言ってなんで買ったの?   いやぁ全ての欠点を吹っ飛ばすぐらいによく作られてるんですよ!このブーツぁ!!   [important]・職人魂が伝わってくる圧倒的な存在感とも言えるその美しさ! ・ちょっとの事じゃビクともしないハードな作り! ・信じられないほど軽く感じとっても歩きやすい![/important] 実はハンマーブーツをずっと履いていたんですが作りが弱くてどうしてもソールがブーツから剥がれちゃうんですよ。そもそも接着してあるから仕方が無いんですけど、個人的には納得がいかないかったんですよね。KA-VOGELはそんなことあろう筈もなくスーパー安心です フー   そのデザインに昔から恋焦がれていたブーツですがお値段がハードルで今までスルーしてたことに激しく後悔… こんなに所有欲を十二分に満足させてくれるのって久しぶりかもしれません。     

    KADOYA KA-VOGELはコチラで購入できます

コメントを残す