ヒューレット パッカード 2009年冬モデル発表会に行ってきた!


さて先日行われた「HP 2009年冬モデル発表会」参加してきました!
Windows7発表で活気づくPC業界、その勢いの中でHPはどういったニューモデルを発表するのでしょうか?


今回紹介するのはネットブックシリーズの「HP Mini 110シリーズ」です。


HP Mini 110

HP Mini 110 白磁

白磁とはよく付けたものでホントに陶器のような質感でエレガントです

DSCF0454こちらは別カラーの淡紅藤

今回の発表会で最も心惹かれたのがネットブックシリーズ。
2009冬モデルでは私的ネットブックの最大の弱点だと思っていた解像度が(1366×768)へ変更! これは本気で嬉しい変更ですよ!「画面せまー(‘A`)」と苦しんでいた過去から抜け出せそうですw

 


HP Mini 110 by Studio Tord Boontije

「ニューモデル発表会なのにこの写真はなに?」
そんな質問もごもっとも!実はこれノートPCの天板なんです。正直今までパソコンのデザインでアレだなぁーって思っていたんですがそんな考えは現時刻をもって破棄、ここまでデザインにこだわったPCって見た事ありません。

DSCF0457写真ではわかりにくいのですが天板はただのプリントではなく
DSCF0448写真のようなフィルムを4層にも重ねて作られています
DSCF0466タッチパッドとパームレストまでデザインされてます、すごい!
DSCF0477なんと!標準で同デザインの収納ポーチつき! ちなみに箱まで同デザインです

基本性能はHP Mini 110同様ですがデザインでここまで印象ががらっと変わるとは思わず、発表会会場にもかかわらずノートPCに頬ずりしてしまいそうな勢いでした。

 


HP Mini 110シリーズまとめ

2009冬モデル「HP Mini 110」シリーズは個人的に不満だった点が解消されており購入意欲をそそる完成度に仕上がっています。その中でも特筆すべきはそのデザインとその質感で正直・・・

Windowsノートでこれほどかわいくエレガントな製品は希です!

デザインや塗装はもちろんスイッチ等までこだわって作られていて正直震えが止まりません。OSもWin7になって軽くなった事ですしweb&メール&ボイスチャット用のノートPCとしての選択肢としては最良のチョイスだと思います。


スイッチまでこの仕上げとは・・・

不満点も無いわけではないですが強いて言えば標準バッテリーの容量(3セル)が少ない事でしょうか。とはいえ購入時にオプションで大容量バッテリー(6セル)選択できますので、モバイル用途であれば同時購入がお勧めです。

DSCF0494

にしてもTord Boontijeデザインは本気で欲しくなって困る、所有欲を満たすノートPCってこのモデルの事を示すのだなぁと感じました。

おまけ:いやぁねフィルムタイプで天板作ってると聞いたので「+10,000円ぐらいでオリジナルデザインのネットブック作成サービスとかしてないですか?」お願いしてきました。ほらねオリジナルノートが作れれば楽しいし痛ノートPCも作れるじゃないですかw
 

HP Directplus オンラインストア

 

2 Comments

コメントを残す