Xbox360 E74エラーから修理までのあっさりな道のり


先週は抜け殻のように積まれたソフトを眺める毎日でしたが、ついに360が修理(正しくは交換)より帰還! そんなわけで故障から修理までの流れをまとめてみました。
 

 

ついにE74エラー発生!
  • 12月11日(木曜日)22:00 360起動せず・・・
    HDD抜いたり各種ケーブル抜き差しをし、何度電源再投入してもでるのはE74エラーの文字のみ。
    「ああ、ついにウチにも恒例の箱○トラブルが来たな・・・」そう思いあきらめて修理ドナドナ決定・・・・

※E74、本体前面のランプが三つ赤く点灯(RRoD)する故障は3年間無償修理! ボクの場合は購入2年目にお亡くなりになりましたw

マイクロソフトのエラーメッセージにはいっつもドキッとさせられるな・・

 

  • 12月11日(木曜日)23:00 オンライン修理を申し込む
    しょうがないのでネットで調べるとオンラインで修理申し込みが最短の道のりらしい。光の速さで「Xbox.com サポート」ページにアクセス。
     
    最速のオンライン修理のためにはオンライン登録が必須!SerialNoが必要になりますので「XBOX背面と正面のUSBパネル中のSerial No」を確認しておきましょう。 早速登録と行きたいのだが入り口が見つけにくい・・・

サポートページのXBOXバナーをクリック

 

入り口はココ ホント見つけにくいよなぁ・・・

 

  • 12月11日(木曜日)23:30 製品登録
    各項目を入力し本体登録、登録完了したので修理依頼のページに飛び「エラー種類」と「簡単な理由を記載」し最後の段階に進むも・・・
    最後の最後で製品が登録されていない的なエラー(1010)が出て八方ふさがり状態に。しかたないので翌日サポートセンターに直接電話する事にして寝る!
  •  

    ちなみに製品登録されると画像のように表示されます

 

  • 12月12日(金曜日)10:00 サポートセンターへ電話

    Xbox カスタマーサポート
    0120-220-340(携帯電話などからは03-3570-8261)
    受付時間: 10:00 ~ 18:00 (日、祝日を除く)

    Xboxカスタマーサポートの開店と同時に電話です。もう仕事はそっちのけでw
    カスタマーサポートの電話応対はかなり親切丁寧な応対でいつもすばらしいなと思います。 
    そんなわけでスムーズに事は済み翌日Xboxを引き取りに来る事になりました(完全無料) 引き取りに関してはオンライン登録しておけばかなりスムーズに事が進みます。
     

  • 12月13日(土曜日)12:00 Xbox360本体引取り
    時間ぴったりに業者さんが引き取りに来てくれました。
    ちなみに購入時の化粧箱があると梱包の手間が省けて便利なので360ユーザーは箱を捨てずに取っておくのが良いかと思います。
    ああドナドナ~
     

  • 12月15日(月曜日)12:00 Xbox360修理進捗確認!

修理状況は前述したサポートページから確認できますので修理完了まで悶々としなくてすみますw

 

  • 12月16日(火曜日)08:45 Xbox360修理完了&配送!
    早っ・・修理完了まで期間わずか3日、いやまて休日を抜いたら作業時間実質2日!
    進捗見てたら一気に最終段階に進んだのでおかしいなと思っていたら・・・
    確かに本体交換&ボクの住んでいる場所はサービス工場の隣県ですけど・・それでもこのサポート体制恐るべし・・・・
     
    そして中には「一か月分のゴールドメンバシップカード」のおまけ付き! ちょうどあと一ヶ月で期間切れだったので地味に嬉しいですw

 
 

まとめ:

機械ゆえ壊れるのはやむを得ません、大事なのはメーカーのサポート体制です! 
今回の修理に関しては製品の問題をきちっと認め親切&手早くサポートをしてくれたMSの姿勢に好感が持てました。これで年末に向けて積みゲーが消化できそうです・・・とはいえ一部ですが orz
 


 

 
この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています

コメントを残す