Let’sNote 2009秋モデル レビュー

新レッツノートが気になって朝の4時から悶々としていた男ですw

そんな感じで思春期の高校生のように悶々としていた矢先、10/22発売予定の新レッツノートを実際に触る機会がありましたのでレポートしていきたいと思います。

「2009年冬 レッツノート N&Sシリーズ」レビュー

 

Good!


  • デスクトップ向けCPUを採用
    普通ノートはバッテリーの事を考えて低電圧版CPUが基本でしょ!Panasonicさん一体何を考えてるんですか? 確かにデスクトップと同じCPUを使えば性能は向上しますが、バッテリーの持ちが劣悪になるのが定石、正直目を疑いましたが実は取るに足らない事だったんです・・・

     

  • バッテリー駆動時間が16時間
    えーっ!半日以上バッテリーが持つって・・誤植だろうとか最初は思いました。 確かにバッテリー容量は6セルから8セルに変更されていますが、それでもデスクトップと同等のCPUを使用しかつバッテリー駆動時間が16時間ってありえないけど・・・・これって現実なんです。 なんとも恐ろしき技術力!今までのノートPCの常識が覆ったそんな気がします。

     

  • 解像度が1280×800へワイド化
    従来のW&Tシリーズ解像度は1024×768でしたがN&Sシリーズから解像度が1280×800へ変更。 DVDなどのワイドスクリ-ンコンテンツが一般化した現在これは非常に嬉しい進化です。(正直1024×768は使ってて結構辛くなってきた)

     

  • HDMI端子搭載
    HDMI付のTVや液晶モニターに接続可能ですし、変換噛ませばDVI接続もOK プレゼンテーション等に困らないように従来の右側面にD-sub端子もちゃんと付いてます


HDMI端子は左側面に

  • リカバリーディスク付
    以前のRシリーズ等のドライブレスモデルにはリカバリーディスクが付属しなかったのですが、ここ最近のモデルでは付属するようなりました。これってハードディスクが故障時にホント助かるんですよねw

     

  • マイレッツ倶楽部(オンライン直販サイト)専売モデルが恐ろしい事に・・
    OS WindowsクA迸7 Professional 64bit (店頭モデルは32bit) CPU インテルクA迸Core2 Duo P8800(2.66GHz) (店頭モデルはP8700) HDD 500GB (店頭モデルは250GB) Bluetoothモジュール内蔵 (店頭モデルはなし) ボディカラーを3色から選択可能 カラー天板交換可能、ローマ字すっきりキーボード、保証内容の充実等(有料) 正直店頭モデルとは全くの別物、「マイレッツ倶楽部」恐るべし・・・・ しかし逆にここまでカスタマイズされると清々しいw

     

  • 驚愕のアフターサービス
    自分のレッツを工場に送ってそこで分解清掃、内部点検、バッテリー。ウィルスチェックなどをしてくれるサービスなのですが、過剰といっても差し支えないほど親切かつ丁寧。 一度出した事があるのですが、キーボード全交換、ACアダプタ交換、本体ぴっかぴっかで「ここまでしちゃって会社的に大丈夫ですか?」心配したくなるほど行き届いたサービスでした。 マイレッツ倶楽部購入者しか受ける事の出来ない限定サービスですが、このアフターサービスは心からオススメできるサービスです

カラー天板は質感、光沢がとってもス・テ・キ

 

Bad/Request


  • 液晶の質はいつものレッツノート
    レッツユーザーならおわかりだと思いますが液晶の質は相変わらずいつものレッツな感じです。非テカ(ノングレア)液晶は個人的にスキなのですが、従来同様視野角が狭く感じました。

     

  • 最近のレッツは塗装がイマイチ
    天板の塗装はもう少し高級感があっても良いと思うのだが・・・・ R3時代の塗装は神がかっていたなぁ・・・

ワイドになったのは嬉しいのだが、液晶の質はいつものレッツな感じ

 

COMENT


  • S&Nシリーズは正直欠点が見あたらない
    Windouws7発売と同時にレッツノートらしい進化を遂げたS&Nシリーズ、外観の劇的変化は乏しいが内部の超絶進化はまさに革命でノートPCの抱える矛盾を解決したといっても過言じゃないと思います。 会場では実際スタッフの方にもお話を伺いましたがレッツノートブランドにかけるスタッフの思いたるたるや半端じゃありません!ネットブック等の安価小型PCに翻弄されながらもレッツノートの持つ信念を曲げずに今期モデルを作り上げたその背景にはスタッフの血の滲むような努力と技術力、そしてレッツノートに対する真っ直ぐな信念が込められていました。

以下にほかの写真も載せておきますね。


カラー天板「ブラック」&「ブルー」


電源LEDは従来同様グリーン、はブルーLEDだったらいいのになぁ


コンパクトACアダプター コネクタ部が断線防止の改良がされています

Rシリーズは劇的な変化は特になし、パターンから行くと来春が大幅なモデルチェンジ?

 


 


この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています>

 

5 Comments

コメントを残す