ゲームミュージック ラヴ No.002 「DRIUS外伝」

今回紹介するのはタイトーのシューティングゲーム「DARIUS(ダライアス)外伝」

シリーズは数あれど外伝をチョイスした訳は音楽にあります。当時とてもシューティングゲームの音楽とは思えなかった楽曲達、その曲達はゲームを進めて行くにつれ心を浸食していきました。今回はこの作品中から3曲をチョイスしご紹介していこうと思います。


「DARIUS外伝」


  • VISIONNERZ (1st~2nd ZONE)
    シューティングゲームファーストステージにありがちな颯爽とした雰囲気など皆無!序盤は浅い眠り夢の始まりそんなスローテンポで始まり、後半は幻覚まっただ中アップテンポへシフトします。なんともまぁMAXトリップそんな感じの曲です。
    ZUNTATA - ZUNTATA HISTORY L'ab-normal 2nd
  • FAKE
    アオ アオ アオオオー
    上記フレーズが脳内に焼き付いて離れないそれが「FAKE」記事書いている間も脳内でエンドレスリピート、非常に中毒性の高い曲なんです。
    ZUNTATA - ZUNTATA HISTORY L'ab-normal 2nd
  • SELF (FINAL ZONE)
    何処までもクリアな深海、そこで生まれた波紋は大きなうねりとなり弾け、また静寂なる海が訪れる・・・ 切なさと共に美しさを感じるそれが「SELF」のイメージでしょうか。この曲のままボスに移行する演出には今でも背筋がぞくぞくしますw
    アンビエント音楽(環境音楽)としても屈指の完成度の「SELF」是非自分の耳で聞いていただきたい。
    ZUNTATA - ZUNTATA HISTORY L'ab-normal 2nd

個人的にDARIUS外伝はダライアスシリーズで一番好きなシリーズです。
シューティングゲームとしての完成度ももちろんですが曲の完成度が非常に高く、ゲーム音楽のジャンルで一括りにされてしまうのは何とも残念だったりします。またゲーム内容と曲の融合性も高く未プレイの方は是非一度プレイしておく事を強くオススメしますよ。


残念ながら現在プレミア化しています(´・ω・`)
ituneならば購入できるのですが、オリジナルの全曲入りを販売していないのが痛い・・・・

DARIUS外伝が収録されています、未プレイの方は是非とも!

{{insert_meta Amazon-AA-GameMusic}}

{{insert_meta Amazon-AA-PS2-game}}

2 Comments

コメントを残す